効果的にdmをfaxで送る方法

dmという言葉を耳にして、何を想像するでしょうか。ダイレクトメッセージなのか、ダイレクトメールなのか、どちらでしょうか。インターネットの普及する前であれば、ダイレクトメールでしょう。文字通り郵送されてくるものということになります。ダイレクトメッセージは、インターネットやSNSが普及してきた今、言われている言葉です。SNSでは不特定多数の人が自分の投稿を見る事が可能になっています。そんな中で特定のユーザー同士で行なわれる、非公開のメッセージという扱いになります。dmはある目的の為に行なわれます。faxでも行なえる為、ダイレクトメールという名前とは少々異なるものに思えますが、目的としている効果を得るという点では同じになります。誰もが受け取った事のあるdmについて、少し深く掘り下げていきたいと思います。

dm、ダイレクトメールの効果について

faxとは、ファクシミリの事であり、電話回線を利用したサービスになります。音声を送り合う電話と異なり、写真や文字などを送る事が出来る為、非常に便利なものです。通常、写真や文字などの情報は、直接手渡す必要がありました。郵便などで送り合うというのが一般的でしたが、それを変えたのがfaxです。手渡しや郵送では時間がかかったり手間が増えたりしてしまいます。そのデメリットを解消する為にfaxが出てきたと言ってもいいでしょう。電話回線があれば写真や画像、文字などを送る事が可能になりましたので、手間や時間が削減できました。通信費はかかりますが、それは郵送でも同じ事です。faxは送る側と受ける側に機械がなくてはなりませんが、電話と一体型の物もある為、普及しています。しかもfaxの利点はそれだけではありません。dmと効果についても同時にお話ししていきます。

faxでダイレクトメールを送るという事について

faxの利点は、更にあります。例えば、同じ写真を何人かに送りたいとします。従来の郵送タイプであれば、同じものを人数分用意する必要がありました。しかしfaxであれば、原本ひとつで全員に送信する事が可能です。デメリットとしては、送信側が原本のみでいい事に反して、受信側は紙などの費用が掛かるという事です。しかし、非常に便利なのはわかりきった事です。ですので、このfaxを用いてdmを送る手法も出てきました。faxであれば、郵送とは違い、封を開ける事無く中身が確認できます。その為、郵送では確認されずに捨てられていたものも、目に留まりやすくなるという効果があります。また、すぐに確認出来る為、効果の出現も早まる傾向にあります。このように、faxを利用したdmには一定の効果が見込まれます。

配信時間や原稿の内容など、一番効果的なfaxdmの利用法をアドバイスします。 ネクスウェイは、一斉に15万件のfax送信が可能です。 fax一斉配信事業を初めてから27年の実績があります。 faxdmの効果的な使い方がわかる無料セミナーを開催中! faxdmのデメリットを理解した、原稿作成が大切です。 他の広告に比べて、faxdmはターゲットからの反響が早いのが特徴です。 faxのdmの特徴と効果とは?【ネクスウェイのFAXDM】