すぐ見える効果ありfax利用のdmサービスとは

dmを送る際、郵送ではなく、faxで送るfax営業という方法があります。郵送に比べて手間も費用も掛からないので、またほとんどの企業はfaxを使っているので営業手段としてよく使われる方法です。しかし、やり方によっては効果がなく、クレームに繋がるという逆効果が出てしまう事もありますので、ここでは、faxでdmを送る効果的な方法をお伝えします。faxでdmを送る際、新規顧客開拓や販売促進、イベントの案内、セミナーの開催など様々なシーンで使うことが可能ですが、最も効果を発揮するのが新規顧客開拓です。その理由は、fax番号は公開情報であるためメールアドレスに比べ収集し易い、個人情報保護法や迷惑メール防止法など心配が少ない、開封率が100パーセントであり必ず見てもらえる等があります。最近は電子メールも増えていますが、個人情報の関係で開封されないことも多く、faxの方がメリットも多いのです。

faxでdmを送る際の問題点と対策

faxでdmを送る際の最大の問題点は、用紙代やインク代など受ける側にコストが発生してしまう点です。そのため、相手から迷惑がられてしまい、クレームを受けるケースを回避できないのです。送る側からすれば、十分にメリットのある情報を提供していることは当然ですが、それでも一定量のクレームがあるのは仕方がありません。しかし、そのクレームがこちらの企業イメージを悪くしてしまうような致命的なものにならないようにする方法はありますので、参考にして下さい。まず、送付物の最後にfax不要のチェック欄を設ける事。クレームリストを作成し、1度クレームがあったところは絶対に送らない事。深夜や早朝の送信は避ける事。以上の事に気を付けてfaxでdmを送って下さい。また、クレームが多いのは個人事業者なので、faxでdmを送る対象から外すことも効果的な手段です。

faxでdmを送る際、効果を上げるポイント

faxでdmを送る際、効果を上げるには3つのポイントがあります。「費用対効果を事前に考える」「チラシを送らない」「購買判断を迫らない」の3つです。faxでdmの平均的な反応率は、0.3パーセントから0.5パーセントであると言われています。1回の送信につき、いくらの費用がかかるのか算出し、平均的な反応率だった場合、採算が取れるのかどうかを検討することが大切です。また、情報がたくさん載った1枚のチラシを送りがちですが、チラシだと分かった時点で捨てられるケースも少なくありません。faxでのdmは、白黒のものしか送れないことを考えると、レター形式が最適です。読んでもらえる率が上がりますし、こちら側の意図をしっかりと伝えることが出来ます。そしてfaxでdmを送ることは、本営業へのつなぎと割り切ることです。faxでのdmは万能というわけではありませんが、非常に使える有効な手段です。