コラムの記事一覧

ソーシャルレンディングを運用したら税金が掛かる

ソーシャルレンディングとは、顧客と顧客を結びつけることになります。そのため、お金を借りたいという人と投資をしたいという人の仲介役として結ぶことになります。そして、インターネットを通して取引をするのでコストが低く、投資をした人に高利回りとして還元することができるというメリットがあります。そして、利益が出ることによって税金を支払うことが必要になります。もちろん、リスクも伴うのでその点もしっかりと理解したうえでやる必要があります。

仕組みとしては、まずは投資家を集めることから始まります。ホームページを通して公表をして賛同できる人を募ることが重要になります。そして、ソーシャルレンディングを行っている会社を通して、投資先を決めることになります。逆に、借り入れたいという人は自分の行いたい事業内容などを記して審査を受けてそれに通る必要があります。投資家もしっかりとした企業や人でなければ投資をしてくれません。そのため、審査に通るように事業計画や必要な金額などをしっかりとまとめておくことが必要になります。

続きを読む

ソーシャルレンディングとは新しい金融サービスの形

ソーシャルレンディングとは新しいタイプの金融サービスです。これまでお金を借りたい人や法人は、金融機関に借り入れを申し込んでいました。ところがソーシャルレンディングでは、借りたい人とお金を投資したい人を、インターネットを介して結び付けます。ソーシャルレンディングの事業者としては、インターネットを利用しますので、低コストで運営できます。そのため事業者は借りたい人には低金利で貸し、投資したい人には高利回りで利益を還元させることができます。

借りる人から見れば、金融機関より低金利で借りられるメリットがあります。一方、投資家から見ると、ソーシャルレンディングで投資した場合は、定期預金や国債よりも利回りが良くなります。さらに、1万円くらいからの少額投資が可能です。そして基本的に、株の動きなどとは相関関係にありません。ただ、案件によっては、毎月配当されるたびに税金がかかることになります。また貸し倒れというリスクがあるため、ポートフォリオのひとつとして、余裕をもって分散投資することがおすすめです。

続きを読む

ソーシャルレンディングで失敗しないコツは情報の差

銀行などの商品に投資をするとき、それぞれの商品の情報を調べます。金利がいくらか、最低いくらから投資ができるかなどです。そうしないと、自分の目的に合った投資をすることができません。金利がいいからと利用したら、最低投資金額が多かったり、限度額が設定されていることがあります。投資額が問題なくても、金利に問題が出るケースもあります。

ソーシャルレンディングを利用して失敗しないためのコツは、情報を得ることでしょう。いくつかの会社が商品を提供してくれています。各社で情報の出し方が異なります。金利であったり、最低金額などが示されています。そのほか、商品の詳細も見ることができます。エネルギーに投資をする案件、不動産に投資をする案件などです。

続きを読む