ソーシャルレンディングを運用したら税金が掛かる

ソーシャルレンディングとは、顧客と顧客を結びつけることになります。そのため、お金を借りたいという人と投資をしたいという人の仲介役として結ぶことになります。そして、インターネットを通して取引をするのでコストが低く、投資をした人に高利回りとして還元することができるというメリットがあります。そして、利益が出ることによって税金を支払うことが必要になります。もちろん、リスクも伴うのでその点もしっかりと理解したうえでやる必要があります。

仕組みとしては、まずは投資家を集めることから始まります。ホームページを通して公表をして賛同できる人を募ることが重要になります。そして、ソーシャルレンディングを行っている会社を通して、投資先を決めることになります。逆に、借り入れたいという人は自分の行いたい事業内容などを記して審査を受けてそれに通る必要があります。投資家もしっかりとした企業や人でなければ投資をしてくれません。そのため、審査に通るように事業計画や必要な金額などをしっかりとまとめておくことが必要になります。

そして、投資家には、利益が出ることによって配当が支払われます。もちろん、業績によっては少なくなったり出なかったりもします。そして、支払われる金額は手数料や税金などを源泉徴収されて指定した口座に支払います。そして、円滑に運用できるようにしていくのがソーシャルレンディングです。