AQUSH

AQUSHでソーシャルレンディング

ソーシャルレンディングのAQUSH 資産運用として投資をご検討されている方へAQUSHという会社をオススメします。AQUSHはソーシャルレンディングを取り扱っている会社です。ソーシャルレンディングとはインターネット上で投資を行うことで、最近その手軽さから人気があります。

AQUSHでは近年の超低金利に時代において平均利率5.50%を達成しています。これは銀行定期預金の利率が0.03%、国債でも0.15%の中では突出して高い数字です。投資の手段としては大変魅力があります。

これだけの利率であればその費用が気になる所ですが、年換算で1.5%の手数料のみが請求されるだけで、口座開設の手数料や取引手数料は一切必要ありません。興味がある方は是非、サイトを訪問して自分に合った投資スタイルを見つけて下さい。

口コミ情報

44歳,男性

AQUSHは投資ファンドの1つとなります。この投資ファンドでは個人の方がお金を出資し、その出資金を商売をする人たちに貸し付けるなどし、貸し付けた人たちから支払利息を上乗せした形で返済してもらい、戻ってきたお金を分配して出資したお金よりもたくさん取り戻そうというのがこのサイト利用の趣旨となります。

お金を出資して利息を受け取る形の形態は銀行とか国債とかがありますが、これらの利息は現在は銀行の場合だとマイナス金利の導入もあってさらに下がりまくって0.001パーセントで実質は0も同然だし、国債にしても2013年時点で0.15パーセント台の状態です。しかしここを利用した場合は2010年から2013年の実績では5パーセントの利回りが得られてると表示されています。

さてこのサイトで2016年現在募集している内容は不動産担保ローンとローン・マーケットの2つとなってます。この2つではこれまでのトータルの出資額と今月の出資金額が表示されています。またサイトでは不動産担保ローンの場合は投資金利4.0パーセントで、300万円運用した場合は投資利回りが年率2.5%となり、さらに税引き後利回りが約15万円ほどと表示されています。なお投資会社の場合は過去に一部の会社が経営悪化で突然とんずらという事態があることで回収できない懸念がありますが、この会社では代位弁済が受けられる仕組みを作ることで懸念回避を実現しています。


42歳,男性

投資の新しいスタイルとして、ソーシャルレンディングが登場しています。お金を必要とする人がより低金利で借りることができ、投資したい人が高金利で運用できる仕組みです。借りたい人と投資したい人をうまく組み合わせることで、ウィンウィンのサービスが提供されます。ただし、投資する側にとっては一定のリスクが心配でした。ハイリターンでもハイリスクは避けたいと考えるでしょう。

AQUSHは、ソーシャルレンディングサービスを提供する会社です。いくつかのコースを用意していて、投資家はその中から自分の好みのコースを選ぶことができます。その中に、保証会社を利用したローンファンドのコースがあります。通常は、サービス提供会社が貸し出し先の審査を行うことになり、一定の貸し倒れがありました。少なからず元本が戻らないことがあるようです。

こちらで行われている保証会社を利用したタイプは、借り手からの返済が滞ったときに威力を発揮します。返済されない場合には、代位弁済を受けることができます。ですから、返済が滞る可能性が極力減らされます。より安心した投資を行うことができます。運用期間は3年間で、投資から得らえる分配金は毎月提供される予定です。リスクを減らして、高利回りで運用することができます。