LCレンディング

LCレンディングでソーシャルレンディング

ソーシャルレンディングのLCレンディング

ここ最近、ソーシャルレンディングという言葉が取り上げられることが増えました。ソーシャルレンディングとはなにかというとインターネットを使い、お金を貸したい側とお金を借りたい側の双方をマッチングすることをいいます。<br/ ><br/ >このソーシャルレンディングという業界においては、LCレンディングという会社が精力的に活動しています。LCレンディングは不動産投資を主力商品としており、インターネットがあれば誰でも不動産投資を行うことが出来ます。<br/ ><br/ >オンラインサイトから無料で新規口座開設が出来ますので、まずは口座をつくることからスタートです。社長ブログやメールマガジンもありますので、最新の情報を入手して取引を優位に進めることが大切です。自分のスタイルで投資できるのが最大の強みです。

口コミ情報

45歳,男性

個人で不動産に投資するとき、一戸建て住宅、集合住宅などになります。それらを賃貸で提供し、家賃収入などを得ます。住宅の場合、立地が良ければ常に借り手がいる状態になります。ですから、家賃収入も安定して入ってきます。しかし、立地などの問題があると空室が出ます。空室があるからといって、容易に他の物件に変更することはできません。

LCレンディングは、新しい形の不動産投資を提供してくれます。ソーシャルレンディングの一つで、特に不動産投資に強みを持っています。不動産への投資資金を投資家から集め、賃料収入が得た時にそれを投資家に分配します。投資家は、不動産そのものを保有することがなく、小額から投資をすることができます。リスクを減らし、高利回りが期待できます。

こちらでは、不動産投資の中でも、商業施設への投資に力を入れています。商業施設は長期的に賃貸契約を結ぶことが多くなっています。つまりは、長期的に安定した収入が確保できることを意味しています。スーパーなどが入ることが多く、数年で撤退するケースはほとんどありません。個人では簡単に投資できませんが、証券化されているので、少しずつ投資ができます。複数の案件に分散して投資することもできます。


39歳,女性

貸付型のクラウドファンディングは、インターネットの特性をフルに活用し、投資家と事業者の間の投資行動を促進します。投資家にとっては高利回りの投資商品の購入として少額で参加できる機会があり、事業者の迅速に資金調達ができるメリットがあります。新しいスタイルの金融商品として注目されておりますが、安定した運用を実現するためには、運営会社の選択が重要ポイントとなります。LCレンディングは上場会社・ロジコムグループに属し、不動産関連事業で強みを発揮します。少額の投資家にとっても、信頼できる環境と機会を提供しています。

不動産のプロであるグループ関連会社が協力して事業に取り組むことで、不動産に特化した優良な投資商品が提供されています。LCレンディングが選ばれる理由は、ファンド管理、不動産の管理をそれぞれの専門会社がサポートしており、強力な専門家集団から構成されている合弁会社が全ての運営を行っています。ソーシャルレンディング大手のmanekoとの提携により、技術的なバックアップがされている点も親鸞できるポイントです。

気になる手数料は、口座開設費、維持費が無料となっていますので、少額投資をされる方には好都合な条件です。不動産担保付きローンファンドに特化していますので、不動産が担保になっています。貸し倒れリスクが少ないといった点も初心者向けとしてお勧めできます。