SBIソーシャルレンディング

SBIソーシャルレンディングで資産運用

ソーシャルレンディングのSBIソーシャルレンディング 現在の超低金利時代に貯金だけでは資産形成は出来ませんし、いつまでも銀行に預けっぱなしでは損です。もし、将来の生活ために資産運用を始めたいという気持ちがある方はSBIソーシャルレンディングという会社の利用をご検討頂きたいです。

SBIソーシャルレンディングはソーシャルレンディングを取り扱っている会社です。主にインターネット上でお金を借りたい側と貸したい側を結びつけることを行っています。銀行の定期預金や国債に比べると遥かに高い利率での取引が可能です。

投資の詳しいことは会社の公式サイトに分かりやすく掲載されていますので、興味がある方は是非サイトをご覧下さい。取扱っている商品もいろいろありますので、自分に合った投資が何かよく検討して資産形成にお役立て下さい。

口コミ情報

38歳,男性

独立系の運営会社が多いこの業界にあって、SBIソーシャルレンディングは銀行・証券・保険等の金融機関を傘下に置く東証一部上場企業SBIホールディングスの100%子会社です。2011年からファンドを設定運用していて業界の中では歴史もあり実績も豊富で、ファンド運用に関わる資金が最も厳密でクリアに管理されています。これはまだ金融商品として一般的でなくリスクも高いソーシャルレンディングにおいて、他社と比べて圧倒的な安心感につながっています。

他社にないファンドの特徴として、グループ会社のSBI証券に株式を預けている顧客向けに株式を担保に行なうローンファンドがあります。その他不動産を担保としたローンファンドや明確な使用目的のために資金を貸し付けるローン事業に投資するファンドがあります。1万円から投資できて運用期間は短いものだと4カ月というファンドもあり少額短期の資金運用も可能です。ファンドの予定利回りは他社に比べると低めですが、ファンドに関する情報量は多く安心してファンドを吟味できるのは大きなメリットです。

まだまだ気軽に運用する対象とは言えませんが高利回りで最近話題のソーシャルレンディングです。東証一部上場会社のグループ企業という安心感と情報の多さからSBIソーシャルレンディングは初心者でも安心して投資ができる運用会社といえます。


37歳,男性

SBIソーシャルレンディングとは、「オンライン上で、金銭を借りたい人や法人に対し、貸し付けたい相手との懸け橋」となる、SBIホールディングスの関連企業をいいます。この企業ですが、東京都港区六本木一丁目に拠点が在り、平成20年1月に起業されました。この企業ですが、株主がSBIグループとされており、これはかなり特徴的となっています。関連会社が株主とされている企業ですが、これは非常に珍しいでしょう。

この企業の事業内容ですが、金融商品取引業となっています。財務局の登録を受けており、二以上の都道府県に跨って営業をしています。また、貸金業法の適用を受けており、金銭の消費貸借の契約業務に関しては、東京都のみで営業を行っています。この企業では、貸し付け業務が基幹となっており、借入金額は30万円が最低ラインとなっています。また、金利ですが、3.5%程度となっており、金銭を借りる側としては金利の面では優遇されています。サービス利用ですが、オンライン上で申し込みを行い、本人確認書類並びに収入証明書を郵送し、確認が取れた場合にサービス利用ができるようになっています。

SBIソーシャルレンディングですが、自社サイトのデザインは明るい印象が強いです。SBIのロゴ文字ですが、これはやや深みが感じられる紫みを帯びた青色となっています。青系の色彩ですが、安心感と信頼感が感じられます。また、明るい青緑あるいは緑みの青系の色彩が従属的な色彩として使われており、冷静さだけでなくて落ち着いた印象が感じられます。また、アクセントとして赤色がロゴ文字の上にデザインされており、これは借りる側及び貸す側のニーズに応えたいという情熱感が感じられます。